スポンサーサイト

0
    • 2017.03.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    壁紙・クロスのアイデア

    0


      なんか工夫したい。
      でも予算増やしたくない。

      なんか明るくしたい。
      でも高額な窓はつけたくない。

      そんな、ときにお役に立つかもしれない
      インテリアのアイデア。

      まずは、廊下の天井付近と床付近に
      羽目殺しの窓を設けます。
      羽目殺しならコストはかなりお得になると思います。

      廊下の突き当りなどはこれで明るくなるでしょう。

      さらになんかおもろくしたい。

      そんなときは、木目調クロスをその間に貼ります。

      まるで板をながしこんだように見えるので
      高級感もでてきます。




      玄関 吹き抜け

      0
         

        美人スタッフの伊藤さんと、現場チェック。
        なんとなく女性の場合、美人をつけたほうが

        喜んでもらえそうなのであえてつけみた。

        それは置いておいて、

        玄関ホールを吹き抜けにして
        上から光を落としこむ。

        日中は自然の光が入るとやはりさわやかだ。

        空間も上に伸びるのでだいぶ広く感じる。

        写真は手すり部分を開口やニッチを組み合わせて
        面白みを出してみた様子。

        もうすぐ見学会、見学会で案内するのは私たちですが
        美人スタッフに当たる確率は1/4、
        2/4の確率で設計のおっさんが対応します。

        見学会情報はこちら

        JUGEMテーマ:注文住宅

        光と風が通るタイプの電動シャッター

        0
          JUGEMテーマ:写真




          電動シャッターを依頼されるのはそんなに多いことではないが
          手動シャッターに比べて操作が楽である。
          住宅用の電動シャッターのおおくは
          網目に光と風をとりこめるタイプになっている。
          うっすらと外の景色が見える程度に視界を遮りながら
          完全にシャットアウトできる所がこのシャッターの良い所だろう。
          途中で止められるというのがおもしろいところ 

          防犯的に外が気になる家庭や立地にはおすすめである。
          雨戸というものはオフィスビルには存在しない。
          住宅用のサッシが著しく風への耐久力が劣るデータもないし
          シャッターがなくてもそんなに大問題ではなく
          2階はシャッター無しと言う事例も多く見られる。
          気分的なところで雨戸やシャッターをつける例も多というのが実情だろうか?
          特に台風などで風で何かが飛んだときに部屋の中を守る
          そのようなシーンに対応したものだろう。

          防犯的にはシャッターを閉めることで
          留守であることをおしえているようなものという考えもあるが
          シャッターを閉めて睡眠する習慣のある家庭では
          風が通る電動シャッターは魅力的なのではないだろうか?

          シャッターを閉めても明るい吹き抜けの実力

          0
             

            吹き抜けの上からの光ってどのぐらいの量なのか?
            1階の光をシャッターで閉じて写真を撮ってみました。
            光はタタミ2畳ぶんぐらいを2階横から入れて
            6畳分の吹き抜けのうえから入り込む様子

            たしかに1階は光がなくて暗いですが
            上からの光で明るい。
            住宅密集地で吹きぬけを考えている人の
            参考になればと思います。

            1階に光がなくても上の階から取り込める。

            JUGEMテーマ:写真


            高窓で光が上から降って来るようにするインテリア

            0
               

              豊明の住宅のクロスが貼り終わった。
              クロスが貼り終るまでは光が少し吸われる感じがあるので
              反射の度合いが分からない。
              貼り終ると写真のように、
              光が反射して降って来ているような状態が見てわかった。
              南の庭の光に頼らずに、
              高窓が光をリビングに入れるので
              冬は効果があるだろう。

              明日から斜面に建つ家の見学会だ。
              スキップフロアで空間がおもしろい。



              見学会情報はこちら

              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              calendar
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>
              PR
              pickup
              間取りフリーソフト
              住まい関係ブログ
              にほんブログ村 住まいブログへ
              信太淳英プロフィール
              建築デザイナー、一級建築士事務所、 現在は名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。 1990年 東北工業大学建築学科卒 1990〜1998年 建築家・長谷川逸子に師事し 打ち合わせの重要さを学ぶ 1998〜2000年 建築デザインの奥義を体得するため京都にて独学修行 1999年 シダジュンエイ建築設計事務所設立 1999年 間取りソフトの開発・無料配布 (延べ100000のダウンロード及び学校教材として使用 、CADやWINDOWSソフト雑誌へ掲載される。) 2000年 JackonLine(サンワカンパニーオンラインショップの前身)のたちあげweb masterをつとめる。 設計事務所ガランドウ取締役、マドリスト、神社仏閣考古学めぐりの活動中
              ranking
              人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
              selected entries
              categories
              archives
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM