スポンサーサイト

0
    • 2017.03.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    間接照明でエコカラットを照らす

    0
      間接照明

      瑞穂区の住宅の現場へ行ってきました。
      現場はちょうどクリーニング中でした。

      写真はリビングの壁面にエコカラットを貼って照明で照らした施工例

      厚みの薄いタイルで凹凸が出ているため
      照明を当てることでさらに影が出ています。

      間接照明は壁を照らすことでかなりの明るさになります。
      照明は反射することで明るくなるので
      壁際のライン照明は部屋を明るくするのに効果あり。

      白いタイルですが、窓のあるクロスの壁に比べると
      影が落ちて濃い感じに見えていますね。

      このタイルの壁の前にテレビボードとテレビを配置の予定です。



      JUGEMテーマ:インテリアデザイン

      リビングに間接照明を作る

      0


        現場に行くと間接照明の部分ができていました。
        大工さんの仕事になるので天井の作りも少し手間がかかります。

        この天井の場合は施主の要望により桧の板が貼ってありますが
        違う色のクロスでもアクセントになってよいでしょう。

        少しだけ天井を高くするだけでも天井を高く見せられる。



        この部分は二階のサンルームの床を上げてありますが、
        廊下から1段か2段上げるだけで
        下の階の天井はその分上がるというわけです。

        リビングの天井をあげたい場合は
        その上の階の部屋のレベルを変える方法もありです。

        今回はサイドの部分にダウンライトで照度を補います。
        これからダウンライトをサイドに設置、中央のみ掘り込んであります。

        住宅で間接照明を実現する方法

        0
           

          間接照明を住宅に求める人は多い。
          打ち合わせのときも照明での演出を求められることがある。
          実際のところ現実に施工されるところまで生き残ることがすくないのが、
          この間接照明である。

          なぜか?
          間接照明用の照明器具を使用するとそれなりの値段がするからだ。
          先日もLEDの照明の発表会に行ったが
          ちょっとした間接照明が1箇所で数万円した。
          壁面で1列作ると10万円弱になってしまうだろう。

          自分の家でそれをやるか?



          体験談をお話しするが、
          いままで間接照明がボツになったことに共通することが
          やはり、予算がかかりすぎることでの取りやめである。
          間接照明1箇所10万×3箇所なんて書いてある見積もりを見せられると
          大抵の建て主は、眉を動かさずに我慢してOKするか、
          やめますと即答するかの選択を迫られる。

          やめますということになるのは予算が原因なのだ。



          予算を減額する方法はないだろうか?
          まともな方法では何回変更しても見積もりは変わらない。

          完璧さを求めなければ方法がある。
          減額するときには間接照明用ではない照明、
          いわゆる数千円の蛍光灯などを使う裏技だ。
          ところがこの照明は満遍なく光が広がったりしない。
          店舗用の間接照明が高価なのはこの欠点をなくす形状になっているからである。
          気持ちの折り合いがつけられれば実現する。

          この方法はおそらく普通の照明器具より安く済むはずだが、
          完璧とはいえないためにクレームを恐れてデザイナーは怖くて選択できない。
          建て主の理解と設計と現場の理解が必要である。

          JUGEMテーマ:アート・デザイン

          JUGEMテーマ:写真

          木パネルでR(曲面)の壁を作る

          0
            木パネルに着色して曲面の壁を作ります。
            壁の後ろ側に間接照明を仕込んで照明代わりにしました。
            曲面といっても多角形になっています。
            本当に曲面にするときは曲げることのできる素材を使います。
            たいていの場合は多角形でRに見えるので
            建築の場合滑らかな面や反射にこだわらない場合
            無理にRにしなければコストを抑えられます。
            写真の木パネルはなかなか色を重ねぬりしました。
            重ねて塗ると少し深みが出るようです。


            JUGEMテーマ:アート・デザイン
             

            間接照明のスリットを天井につけてピクチャーレールを入れる。

            0
               

              廊下の照明を間接照明にして そのスリットの奥にピクチャーレールをつける。 
              一石二鳥のアイデアだ。 
              でも、なかなかやりそうでやってない・・・ 
              ちょっとした工夫が便利になるんですね。

              JUGEMテーマ:写真

              calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>
              PR
              pickup
              間取りフリーソフト
              住まい関係ブログ
              にほんブログ村 住まいブログへ
              信太淳英プロフィール
              建築デザイナー、一級建築士事務所、 現在は名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。 1990年 東北工業大学建築学科卒 1990〜1998年 建築家・長谷川逸子に師事し 打ち合わせの重要さを学ぶ 1998〜2000年 建築デザインの奥義を体得するため京都にて独学修行 1999年 シダジュンエイ建築設計事務所設立 1999年 間取りソフトの開発・無料配布 (延べ100000のダウンロード及び学校教材として使用 、CADやWINDOWSソフト雑誌へ掲載される。) 2000年 JackonLine(サンワカンパニーオンラインショップの前身)のたちあげweb masterをつとめる。 設計事務所ガランドウ取締役、マドリスト、神社仏閣考古学めぐりの活動中
              ranking
              人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
              selected entries
              categories
              archives
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM