スポンサーサイト

0
    • 2017.03.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    東海市の住宅の現場

    0


      東海市の住宅の現場へ

      足場が外れて完成に近づいています。

      内部のクロスも終わっています。

      中からの景色が想像より遠くまで見えてよかったですね。


      軒天の木目調サイディングは

      ほとんど本物というか、木のよりも木目が整っています。



      JUGEMテーマ:注文住宅

      漆喰の自浄作用

      0
         

        先日リフォーム物件の外構でも漆喰を使いました。
        カルクウォールという西洋漆喰ですが、

        部分的に木のあくのしみを受けたところを
        補修しようと思ったら

        小さなしみがなくなっていました。
        これは偶然かと思いもしましたが

        数箇所あくがなくなっていたので
        徐々に自浄作用で汚れをけすのは

        漆喰の自浄作用があるというのは、
        あながちうそでもなさそうだと
        いうことがわかりました。

        しばらく様子を見ます。

        JUGEMテーマ:エコライフ

        雨水タンクによるエコハウス

        0
           

          雨水タンクとは雨樋の出口にタンクを付けて水をためるもので
          タンクの中の雨水を庭でつかう水などに利用する
          エコハウスなアイテムです。

          ですがこれとなりのトトロのようにかわいくもなく
          これだけ見せられてもなんのことだかと思うような
          無愛想な代物です。
          (ペイントして目を書けばトトロに見えなくもない)

          かっこいい雨水タンクはないですかと言われて
          ネットで調べたりも下のですが
          たいてい雨水タンクとしての正しい形をしてました。

          まぁ、目的は雨水の利用ですから
          デザイン性は大目に見てもらいました。


          JUGEMテーマ:エコライフ


          地熱の家の講習会へ潜入

          0
            地熱の家の講習会に潜入してきました。
            ジオパワーシステムという会社の地熱利用住宅への提案です。

            地下5Mのところまで穴を掘るとそこには平均18度前後の空気があるので
            その空気を住宅の基礎や天井裏を経由して屋内へ流し込む装置です。
            外の空気が30度以上のときや外の空気が10度以下のときでも
            安定した温度の空気が室内にあるというのがメリットです。

            家の中が夏は涼しく冬は暖かいということです。



            外気を取り入れるパイプから地下へ空気を引っ張り
            地下のアルミ製の空井戸に送り込みます。
            入り口にフィルターがあるのでそこである程度空気が浄化
            その空井戸には少量の水が存在するので
            そこで花粉などの物質が水に当たり浄化
            室内に流れ込むときには地下空気の温度に近くなっている仕組みです。

            その空気の温度を床下の割栗石にあてて
            床下の温度を地下5Mの温度に近づけるため
            床の底冷えを防げます。

            石焼ビビンバみたいなものか?ちがうだろうな

            その空気が床から部屋へ流れ込みます。

            水を張った地下鍾乳洞を空気が経由したような状態になるというイメージですね

            導入コストは大体200万前後ですが
            施工できる工務店が少ないところからほとんど普及してない。
            太陽電池を組み合わせてハイブリッド地価熱利用の仕組みもあります。

            エコロジストや自然志向の人にはよいのではないでしょうか?
            コストだけを考えればプラズマクラスターつきエアコンのほうが安いでしょう。

            自然のやわらかい空気で年間を通じて、
            朝晩一定した温度の中で暮らすことができるので
            温度差がないために、病気になりにくい効果もあるようです。

            住宅用に開発された仕組みですが
            大型施設のほうが光熱費節減に効果があるようです。

            太陽電池で電力をつくり
            ユワイター(屋根で太陽光を利用してお湯を沸かす)と地熱利用があれば
            初期投資のもとは30年後にしか取れませんけど(合計450万から500万ぐらい)
            光熱費経費ゼロ円に近づきそうですね。

            エアコンなしで夏は汗をかき
            冬は毛布かぶってしのぎ
            夜は早く寝るか、蝋燭で暮らせば
            30年後には500万たまるという考えもある。

            むりだって・・・

            デザイナーのレベルは1上がった。体力が1さがった。

            JUGEMテーマ:学問・学校


            エコキュート、エコウィル、エコジョーズ、エネファーム?

            0
              週末にイベントに呼ばれて某社のイベントブースにいました。
              設計相談員として家作りの相談にのっていたのですが
              空き時間にほかのブースの担当の方とお話をしていました。

              最初はエコキュート、いわゆる電気のブースです。
              深夜電力をつかって給湯のお湯を沸かす仕組みで
              コンロは安全性と空気がクリーンに保たれるのが魅力です。
              近年は比較的手に入りやすいコストになっているので
              導入する人も多いですね
              太陽電池については過去ブログ参照ですが
              エコキュートのみであれば比較的早い段階でもとがとれてお得
              太陽電池の導入では初期投資が多いので
              10年から15年程度以降にお得といったかんじでしょうか?
              太陽電池で200万以上初期投資をしない場合は
              新築時に予算が許せばエコキュートの導入は魅力的といったところです。
              エコキュートはガス工事がなくなるので
              初期投資の金額が違うように感じます。

              JUGEMテーマ:写真
               


              エコジョーズ、エコウィル、エネファームはガスのブースです。
              エコジョーズは従来の給湯器を効率よく改良したもので
              床暖房などを考えた場合使える給湯器です。
              ごく普通にガス湯沸かし器にするよりはエコジョーズにするのがお得ということです。
              エコウィルは発電することのできる機能がついて
              電気代がお得というもので太陽電池との併用で電気代を含めた光熱費が
              オール電化に比べてお得というものですが
              オール電化はガス工事がないのでその初期投資をひいて考える必要があります。

              エコファームですがこれはガスを使った発電装置で
              簡単に言うとガスを使って水素を空気を反応させて電気と水をつくるといったもの
              ようするにco2二酸化炭素や有害な物質が出ないといったところ
              地球環境にやさしいのが売りです。
              初期投資が非常に高額なのでもとをとれるか?どうかぐらい
              気になる初期投資はエコジョーズ、エコウィル、エコファームの順でやすく
              エコファームは高級な仕様です。



              どっちが得ですか?という質問には回答できるのですが
              文面から想像していただければと思います。

              もっとも高級な仕様は太陽電池とエネファームを両方つける方法ですね

              形は普通の電球、でも中身はLEDの電球は18年交換不要だった。

              0
                新製品が安い電気屋さんへぶらっと買い物に

                おおっと、電球の寿命・・・すごく長くなってます。
                エコブームで住宅業界も変化が起きてますね。
                電気屋さんの店頭にあるのは
                白熱灯や蛍光灯ではなくLEDです。



                電球自体は少し高めだけど
                驚くような金額ではありませんでした。
                2480円ぐらい




                エアコン購入の季節のようで
                受付は購入する人でにぎわってました。
                7万円前後のものから15万20万円のエアコンが多かった。
                でも目を引くのは20万中盤のエアコン

                プラズマクラスターは少しコスト高めですが
                掃除機のコーナーも購入者がたむろしてました。

                商品は値段ではなく性能できめる人が多いようです。

                JUGEMテーマ:ニュース

                エコ住宅か!太陽電池、太陽光発電について講習を受ける

                0
                  極秘のミサに参加してきました。
                  最近打ち合わせでも太陽電池やエコ住宅についてよく聞かれるので
                  これは・・・勉強してこよう・・・ってことで
                  設備やさんの極秘ミサじゃなくてセミナーに参加です。
                  40過ぎて勉強会かぁ、みんな熱心だな
                  午後から2・3時間、休憩挟んでお勉強会です。

                  なるほど!わかりやすいです。
                  ありがとう。講師の方

                  電気代がすごく安くなるんですか!
                  てか、電気が売れるんですか!(22000円の電気代が1万以下になるらしい。)
                  ん?高く電気を買ってくれる世の中になるらしいぞ(ほんとかな)

                  デザイナーのレベルは1あがった。
                  太陽電池

                  JUGEMテーマ:写真

                  丈夫で長持ちしてアフターもほとんど手間要らずらしい。

                  どいつもこいつもブルドック!じゃなくて
                  エコ住宅だっていうからしょうがないな。

                  将来、石油はなくなるらしいが、生きてるうちはもちそうだ。
                  光が当たるだけで発電ですか。
                  ようするに温暖化をとめるってことか?

                  ふむ、とりあえず地球環境の保全に協力します。

                  てことで 設計事務所の設計料にエコ割導入しました。



                   

                  calendar
                    12345
                  6789101112
                  13141516171819
                  20212223242526
                  2728293031  
                  << August 2017 >>
                  PR
                  pickup
                  間取りフリーソフト
                  住まい関係ブログ
                  にほんブログ村 住まいブログへ
                  信太淳英プロフィール
                  建築デザイナー、一級建築士事務所、 現在は名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。 1990年 東北工業大学建築学科卒 1990〜1998年 建築家・長谷川逸子に師事し 打ち合わせの重要さを学ぶ 1998〜2000年 建築デザインの奥義を体得するため京都にて独学修行 1999年 シダジュンエイ建築設計事務所設立 1999年 間取りソフトの開発・無料配布 (延べ100000のダウンロード及び学校教材として使用 、CADやWINDOWSソフト雑誌へ掲載される。) 2000年 JackonLine(サンワカンパニーオンラインショップの前身)のたちあげweb masterをつとめる。 設計事務所ガランドウ取締役、マドリスト、神社仏閣考古学めぐりの活動中
                  ranking
                  人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM