スポンサーサイト

0
    • 2017.03.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    パソコンコーナー

    0


      リビングにパソコンコーナーを作ってみました。

      リビングダイニングから見ると半分の階分上がったところに
      パソコンカウンター、学習コーナーを設置
      ダイニングとは離れたところで声が届くところ
      視線もダイニングから見えます。



      この小さなスペースの下は物入れになって
      スキップフロアになっています。

      キッチンも黒系の木彫クロスであわせてインテリアコーディネート



      間接照明で上部をアクセントにしています。

      吹き抜けの上から見るとこんな感じ



      黒い部分がカウンターになっていてちょっと宿題するにはちょうどいい。


      リビング インテリア

      0
         

        パインのフローリングのリビング・ダイニング
        キッチンカウンター部分はつや消しの100角タイル
        光沢があるほうが写真写りはタイルっぽいが
        実物は上品な感じはする。好みだろう。



        ダイニングとリビングに連続するロングカウンターは
        高さを変えながら収納になったり
        ベンチになったり、パソコンカウンターになったり、らじばんだり



        リビング側からみた風景、
        パインのカウンターを6Mぐらい連続
        間接照明があることで、明るくなった。

        最近はコストを抑えながらデザインすることに
        気負いがない。

        今回完成した29坪の住宅は
        中に入ると非常に広く感じる。

        見学会は土日です。

        見学会情報はこちら




        眺めの良い家から見える紅葉の写真が届きました。

        0
           眺めの良い住宅

          眺めの良い家の建て主さんから、
          秋のリビングから見える写真が届きました。

          メールを開いて思わず見とれてしまいました。
          実際のリビングにいる家イメージだと
          画像に写らない大半の山が赤く色づいていたことでしょう。

          これは絶景ですね。

          窓の配置でこんなにも生活が楽しくなっている様子を見ると
          インテリアや素材もさることながら
          最初の間取りのときの窓の配置が
          いかに重要なのかを思い知らされることになりました。

          イメージするのは慣れているとはいえ
          現場での周囲環境の調査を念入りにしたり
          気を引き締めてプランニングしなければと
          再確認しました。


          JUGEMテーマ:写真

          普通に明るい家が良いと思います。

          0
            家は明るい方が気持ちいい
            そうゆう普通の気持ちは間違ってないし
            すごく大事だと思うんです。
            床材を明るめのムク材にする
            壁を白くして建具は床にあわせて明るめにする。
            素材にこだわってシンプルに
            そしてミニマルに仕上げる。
            普通だけど1枚の服をこだわって選ぶような
            そんな感性を大事にしたいと思います。

            Tシャツにジーンズで気楽に住める
            それはとてもクールなことです。



            JUGEMテーマ:ファッション


            真っ白いリビング、天井を南側に高くしました。

            0
              JUGEMテーマ:アート・デザイン
               リビングの天井をだんだん南へ高くしました。
              明るい光を入れるのと幅が狭いのを解消するために
              上に広く見える工夫をしたのです。

              結果的に広く明るく感じました。
              2層分は吹き抜けているわけではなく
              1Mぐらい高くするだけで大分天井は高く感じます。


              スキップフロアと中庭のあるリビングがすごく広く感じました。

              0
                スキップフロア、中庭のあるLDKの例です。
                想像以上に空間がい大きく感じられました。
                少しの段差で空間を分けることをスキップフロアと呼びます。
                スキップフロアのリビングはダイニングとリビングが一緒なのに
                場所は違って感じます 。
                家具が入って住み始めると、すごく豊かで広く感じました。



                JUGEMテーマ:写真

                ガラスブロックで見えないけど光は入れた

                0
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン
                   
                  ガラスブロックを壁にはめ込んでみます
                  少しだけ光を通すのですが
                  視線は隠せるので脱衣室に使ってみました。
                  脱衣室の中もブロックの光で明るくなりました
                  コストもおされられる使い方です。

                  天井に付近にスリット窓をつけると部屋が広く見える

                  0


                    収納の上にスリット窓がつけてあるのが見ていただけるでしょうか
                    ちょうど間接照明の光が映りこんで奥行きがでているのがわかると思います。
                    壁が上までとあるよりも上だけ天井がつながっている方が部屋は広く見えます。
                    ガラスはなくてもかまいませんが、空調などを考えて必要なときは配置しましょう。

                    ちょとしたスキマやちょっとした段差の見せ方で、
                    空間というのは大きく変ってしまいます。
                    プランニングは同じでも立面や天井のデザインで大きく印象は変るのです。

                    JUGEMテーマ:写真



                    自然を感じる住まい、健康的な生活

                    0


                      日本人にあっているなあと思う住まい
                      これは施工例ですが、南側に大きくひさしを取って
                      窓も最大に開き、周りの風景と溶け込みます。
                      床は無垢の杉のフローリングを塗装ではなく
                      圧縮して汚れにくくする

                      できたとき良いねっておもいました

                      床に座ったとき思ったんです。
                      ごろねしてみたいなって
                      床にスリスリできて、ごろ寝のできる住まい。
                      それって健康的でちょっと幸せだと思いませんか?

                      施工例:愛知県Y邸 
                      設計デザイン: 建築家 信太淳英

                      カーボネートの引戸で軽快に仕切る住まいのインテリア

                      0


                        カーボネートの引戸で軽快に仕切る
                        大きな戸は重く見えがち
                        光を通しながら軽快に仕切るのに
                        カーボネートの戸を使う
                        われにくく、室内が完全に見えにくい
                        和風にも合わせることはできます

                        施工例 愛知県 Y邸
                        デザイナー 信太淳英


                        calendar
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>
                        PR
                        pickup
                        間取りフリーソフト
                        住まい関係ブログ
                        にほんブログ村 住まいブログへ
                        信太淳英プロフィール
                        建築デザイナー、一級建築士事務所、 現在は名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。 1990年 東北工業大学建築学科卒 1990〜1998年 建築家・長谷川逸子に師事し 打ち合わせの重要さを学ぶ 1998〜2000年 建築デザインの奥義を体得するため京都にて独学修行 1999年 シダジュンエイ建築設計事務所設立 1999年 間取りソフトの開発・無料配布 (延べ100000のダウンロード及び学校教材として使用 、CADやWINDOWSソフト雑誌へ掲載される。) 2000年 JackonLine(サンワカンパニーオンラインショップの前身)のたちあげweb masterをつとめる。 設計事務所ガランドウ取締役、マドリスト、神社仏閣考古学めぐりの活動中
                        ranking
                        人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM