スポンサーサイト

0
    • 2017.03.17 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ナチュラルな質感のカウンター

    0
      フリーボード

      ナチュラルな質感のカウンターを要望される方がいます。
      そうゆう時には無垢材をつかう場合と集成材を使う場合があります。

      集成材はそりや狂いがないのでですが、
      無垢材は割れたりそったりすることがあります。

      そこで、間を取ったようなフリーボード(チャネルオリジナル)をつかいます。

      フリーボード

      継ぎ目はほとんど感じないのは長手方向についでいないため
      集成材ながら無垢材の質感が出ます。

      無垢フローリングの質感とマッチしました。

      JUGEMテーマ:インテリアデザイン

      子供部屋のインテリア アクセントクロスってこれよ

      0
        子供部屋

        子供部屋のひとつの面をピンクにした施工例。

        子供部屋ってどうやってインテリア作るよ?
        いや何もしなくていんじゃない?

        しばらく使わないしね

        設計者の私もそう思いますよ。

        さらっと白い部屋のほうがカーテンで色つけられるから良いのでは?と


        「でも、でも なんかやりたいじゃないですか。」
        そうおっしゃる方は多数いらっしゃいます。

        キャラクターのクロスとか。。。。もありますけど
        かわいいんですけど だけど そうなんだけど(しつこい)
        アクセントクロスのほうがおしゃれですよ。


        アクセントクロス

        グリーン使った場合はこんな感じ
        黄色のカーテンが明るい部屋になってます
        性格も明るくなりそうですね。


        寝室クロス

        これはグレーのクロスをアクセントに使った場合
        子供部屋というよりは寝室むけでしょうか。

        さらに濃い色を使いたい場合は地の部分のクロスも濃い目にして
        バランスも大事ですね。

        やってみると意外に楽しくてワクワクするし
        気持ちが上がりますね。

        気持ちあげて生活したい人はアクセントクロスしてみてはいかが?

        JUGEMテーマ:注文住宅


        和室の天井のクロスを貼り分けるインテリア術

        0
          和室天井

          住宅の和室の天井を2種類のクロスを使ってコーディネートしてみる。
          今回は色合いと素材感の違った2種類の和紙調クロスを使って貼り分けた。
          和室の天井は板張りをイメージする場合も多いが
          実際のところ板だとおもっていたら
          それはプリントですといった場合も大半である。

          燃える材料を住宅の天井材使いにくくなったことなどが理由に挙げられるが
          実際のところクロス貼り和室の天井は珍しくはない。

          そんな中で面白みを出そうと思って
          得体の知れない色や柄のクロスを天井に貼ってしまうと
          取り返しの付かないことになってしまうこともある。

          そうした場合は種類の違うクロスを貼り分けて
          天井の柄とするというコーディネートをしてみる。

          これは、茶室や由緒ある和風も想像されるように
          間延びした天井を引き締める効果がある。
          曲線を使って貼り分ければそれだけで
          モダンな和室にコーディネートも可能だろう。

          リビング続きの和室など、
          間取り上立体的な工夫がしにくい場合
          和室をセンスアップできるコーディネートのアイデアである。

          JUGEMテーマ:インテリアデザイン
           

          テラコッタタイルとテラコッタ

          0
             テラコッタタイル

            打ち合わせで建材のショールームへ出かける。
            テラコッタタイルのサンプルが小さかったため
            30cm角で色むらを見るためだ。

            フローリングのカットサンプルとの相性も気にしながら
            お好みのタイルを模索していく。

            テラコッタ風のタイルというのは素焼きではない。
            素焼きのテラコッタよりもしろ
            焼きムラや色合いが面白くできている。

            私はこの手のフェイクはフェイクとみなさないことにしている。
            質感がほぼ本物同等なことと
            本物のように苔が生えず
            なおかつ雨で滑りにくい。

            革製品のときの合成のレザーのほうが軽くてやわらかく
            においもしないしお買い得というのと似ている。
            もちろん、手入れしながら本物を楽しむ方法もある。

            ショールームではモザイクタイルやデッキ材なども
            質感や色の確認ができて、打ち合わせもスムーズだった。

            コンピューターの画面ではやはり
            肉眼で見た風合いと触った感触がわからない。
            やっぱり人間は生き物だから実物を見るのが一番だ。

            JUGEMテーマ:リフォーム

            背面に収納してすっきり見せるインペイリアデザイン

            0
              インペイリアデザインは背面に機械類やコード、さまざまなものを隠蔽(いんぺい)することで
              手前側の見える部分を極めてすっきりさせるアイデア。

              駄洒落を言うために無理やりこじつけた感じはあるがそれは置いておく。

              TVカウンター

              先日竣工のリビングのテレビカウンターの様子、
              穴が開いていて背面にコートや機械類を隠す。
              背面はウォークインクロゼットの間取りでざくっとおいておけるようになっている。
              テレビ以外のものは壁の背面に収納される。
              カウンターの下にも穴が開いていて、センタースピーカーや
              その他の機器類もカウンター下に設置が可能になる。
              そのとき配線コードなどは壁の背面を通ることになる。

              インペイリアデザイン

              この写真は以前見学会と兼ねて、万画廊の絵画の展示を行ったときの様子
              絵画をかけてある部分の裏は洋服や靴などのを置くスペースになっている。
              扉も壁の背面に引き込まれる。
              背面のハンガー用のダボレールにワイヤーを引っ掛けて
              ワイヤーのあたる部分を養生しながら手前で絵を吊り下げた。

              パソコンがある辺りの背面は壁に穴が開いていて
              オーディオ類や機械類を置いても
              リモコンの電波が届くようにしてある。

              このように壁を立てて背面に収納スペースを作ることで
              さまざまな物を隠されてインテリアはすっきりする。



              JUGEMテーマ:アート・デザイン


              レトロモダンのインテリアする術、柄のクロスを使うときの心構え

              0


                レトロモダンと呼ばれる。インテリアがある。
                クラシックモダンなどと呼ばれることもある。

                写真は住宅のトイレのインテリア例であるが
                スワロフスキーの照明とフェイクの皮っぽい柄の壁紙
                床はコンクリートのままという組み合わせで
                私個人としてはとっても楽しくて大好きな施工例である。

                レトロな雰囲気の内装にモダンファニチャーや
                ミッドセンチュリーのインテリアアイテムをあわせたり

                逆にモダンでスタイリッシュな内装のインテリアに
                クラシックな家具や照明オブジェ・小物などののアイテムを
                あわせていく楽しい手法だ。

                そのときに大事になってくるのが度胸と愛嬌

                は?

                おおよそプロの技術者・コーディネーターの解説ではないが
                普通の壁紙やインテリア小物をつかっていては
                まちがいなくレトロモダンは完成しない。

                この組み合わせはいままでなかったね
                ぐらいの衝撃的な組み合わせ
                レトロとモダンを掛け合わせると言うのが真骨頂なのだ。

                モダンの時代からミッドセンチュリーはから50年〜90年経っているので
                モダンが新しいものであるとはいえないが
                クラシック・アンティーク、レトロと呼ばれるスタイルと
                モダンという様式の組み合わせを楽しんでしまえばよいのだ。

                もともと組合せとしてはバランスを崩すもの
                住宅や店舗にレトロモダンを持ち込むときは

                サプライズを楽しめ!だ。

                度胸と愛嬌でインテリアコーディネートすることが大事。

                それでも不安なときは経験者であるプロに相談するのが一番とおもう。
                ときにはやらない勇気、判断も必要だからだ。

                JUGEMテーマ:アート・デザイン
                JUGEMテーマ:写真
                 

                光を見るためには影が必要です。

                0
                  光を見るためには影をみます。
                  逆に影を見るためには光をさえぎります。
                  やわらかな布で光をさえぎることで
                  影と光を同時に感じることが可能になります。
                  影が揺れることで風を感じる装置にもなります。
                  光や影や風といったものは時間で変化するものですから
                  いつもそこにいてくれるものではありません。
                  時間の経過を知らせてくれる役割を持つものです。



                  JUGEMテーマ:アート・デザイン
                   

                  輸入クロスをポイントでつかう

                  0
                    JUGEMテーマ:ファッション
                     

                    写真はZATさん施工のカフェ
                    入り口は施主支給の輸入クロスにサインと照明
                    輸入クロスは柄の入った白だが
                    ライトを当てると反射して柄が浮き出て非常に上品です。
                    クロス貼りの壁の端部も折り曲げた収まりがおもしろい。

                    昔キャスターというタバコのBOXの角が面取りされていたが
                    あんな感じ(わからないか・・・)

                    輸入クロスはとても高級
                    まあ値段が高いということですが
                    風合いはさすがによいです。

                    日本の住宅にはない味わいです。
                    日本の健材にはみため高級なパーツがほとんどありません。
                    高そうに見えないものが高いとかいうのはありますが
                    見た目チープなものをよしとする風潮があり

                    つつましいのはわるいことではないが
                    日本のメーカーや技術者は
                    このような感性は持ち合わせていないということ

                    華やかさは輸入アイテムに頼らざるをえません。

                    暖かい色づかいは部屋を暖かくする

                    0
                      JUGEMテーマ:アート・デザイン


                      暖かい色の壁紙を使うと暖かく感じます。
                      逆に冷たい感じのする色をつかうと冷たく感じます。
                      最近すごく寒くて
                      やわらかくあったかい色のインテリアが妙にあったかく感じる
                      夏はそれほどではないのですけどね

                      色のクロスを1面に貼るだけで雰囲気は変わります。
                      白いインテリアにして家具で色をつけるのでもよいでしょう。
                      家具や壁の色で体感温度ではなく視覚的温度が変わるということ。
                      上手に利用しましょう。


                      真っ白いタイルでリビングをつくりました

                      0


                        真っ白いタイルでリビングをつくりました。
                        この場合家具はビビッドな色が映えます。
                        真っ白い家具も合いますね。
                        照明はダウンライトとステンレスなどの照明
                        まるでカフェのような住宅になります。
                        タイルの下には床暖房をいれて冬は暖めます。
                        夏は快適です。

                        JUGEMテーマ:写真

                        calendar
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>
                        PR
                        pickup
                        間取りフリーソフト
                        住まい関係ブログ
                        にほんブログ村 住まいブログへ
                        信太淳英プロフィール
                        建築デザイナー、一級建築士事務所、 現在は名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。 1990年 東北工業大学建築学科卒 1990〜1998年 建築家・長谷川逸子に師事し 打ち合わせの重要さを学ぶ 1998〜2000年 建築デザインの奥義を体得するため京都にて独学修行 1999年 シダジュンエイ建築設計事務所設立 1999年 間取りソフトの開発・無料配布 (延べ100000のダウンロード及び学校教材として使用 、CADやWINDOWSソフト雑誌へ掲載される。) 2000年 JackonLine(サンワカンパニーオンラインショップの前身)のたちあげweb masterをつとめる。 設計事務所ガランドウ取締役、マドリスト、神社仏閣考古学めぐりの活動中
                        ranking
                        人気ブログランキングへ くる天 人気ブログランキング
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM